事業内容(業務紹介)

イオン源の運転

イオン源の運転のイメージです。HIMACの治療運転では、イオン源からの継続したビーム供給のために、バックアップ用のイオン源も常に待機させています。一方、治療運転以外で行われる共同利用実験では、鉄やクリプトンなど各種の重イオンをパルス的に切り替えて複数のユーザーに同時に供給します。このため、イオン源の品質保持と合わせてビームの安定供給が要求され、常時その状況変化を確実に捉えた運転が必要となります。当社技術スタッフは、運転はもとより開発サポート能力面でも、その対応力を高く評価されています。

ライナックの運転

ライナックの運転のイメージです。イオン源で生成された重イオンビームは2種類の線形加速器で加速されます。線形加速器の運転においては大電力高周波発生装置による電磁波の中をイオンビームが加速されるため、その構成機器の運転位相を合理的に調整する技術が最大のポイントです。特に、高周波空洞の周波数、位相、パワーなどの性能の安定性と再現性を保持する必要があります。当社技術スタッフは、その高度な高周波技術を駆使すると共に、温度や真空などの日常的な管理を緻密に実施。さらに、長期にわたり安定的に再現性良く運転するため、トレンド情報に基づく予防的な措置など高い技術とノウハウのもと確実に実施しています。

シンクロトロンの運転

シンクロトロンの運転のイメージです。シンクロトロンは上下2層構造で、2つの治療室での治療照射を同時に行うことが可能です。また、万一のトラブルには他方のシンクロトロンを利用する方法も可能です。さらに、共同利用実験では2台のシンクロトロンを用いて、複数の重イオンを異なるエネルギーで同時に異なる利用コースに供給します。常時2台運転には、それぞれの運転パラメータ群の運転位相を周期的に同期させる複雑な制御が必要となり、正確なパルス技術と精緻な制御技術によりはじめて可能となります。当社技術スタッフは、ビームパルスを扱う加速器技術と、通信制御システムを融合させる高度で幅広い技術対応能力で、高度なシンクロトロンの運転に応えています。

治療照射室/実験室へのビーム輸送

治療照射室/実験室へのビーム輸送のイメージです。ビーム輸送系は、上下シンクロトロンからビームを3つの治療照射室と物理及び生物用の実験コースに輸送します。上/下、左/右、垂直/水平に走るビームラインはその構成機器も多く、運転パラメータも多様です。当社技術スタッフは、選ばれたコースに所要のビームを、その強度を維持して輸送するという重要な役割を担います。また当社では日常のビーム輸送業務や維持業務だけに終わることなく、ビームトランスポート理論に基づく最適パラメータの構築と実践に努めております。


建屋設備ユーティリティの維持管理

建屋設備ユーティリティの維持管理のイメージです。関連建屋の設備ユーティリティの維持管理をはじめ、それら設備のトレンドデータの常時監視、待ったなしの対応が求められる故障に対する予防的な措置など、施設全体の安心と安全を確保します。建屋設備制御室では設備の安定と維持、また職場の快適な環境を保持するため、365日・24時間監視の万全な体制を敷いています。


治療計画支援

治療計画支援のイメージです。重粒子線治療は炭素イオンによりがん細胞のDNAを断ち切り、新たな分裂、増殖を阻止します。しかし、重粒子線は正常な細胞にも同様の影響を与えるため、がん細胞への正確な照射が必要不可欠とされます。重粒子線を使用した治療の現場では、医療スタッフの指示に従い治療計画を立案します。治療計画では、患者一人ひとりに1回線量、総線量、ポート角度、ポートの回数配分を決め、CTにより三次元的に患部の画像(大きさ・形状)の確認をし、このデータをもとにROIからターゲット像の指定、射形と線量計算を計算機で行い、同時に患部の横方向形状を決める患者コリメータ、患部の深さ方向形状を決める補償フィルタのデータを作成します。治療計画で使用する基礎データ、平坦度照射野条件の作成や線量の測定では長年にわたり蓄積された加速器エンジニアリングの技術が発揮されます。